石鹸洗顔 メリット

MENU

石鹸洗顔のメリットとデメリット

洗顔料に普通の石鹸を使うという方法が一般化しつつあります。いい洗顔フォームが見つからないという人には石鹸を使った洗顔はちょうどいいですが、石鹸を使った洗顔はどんな利点があるものでしょう。

 

石鹸洗顔の一番のメリットは、不用意に角質をはがさないところです。ぬるま湯ですすぐことで、界面活性剤を洗い流せます。界面活性剤が残らないと、角質がはがれにくくなります。角質部分をキープして、いらなくなった皮膚がとれるべき時にとれるようにするには、優しい洗浄力がポイントです。

 

こすらずに顔を洗うためには、石鹸を使ってしっかりした泡を作って、それを顔に転がすように30秒ほど乗せていきます。アルカリ性の石鹸を使うので、お肌が刺激に弱い人には負担が大きくなってしまうという注意点があるといいます。

 

他の洗顔フォームなどは界面活性剤が残り水分を保留するので、保湿効果があります。石鹸を使う時には、肌の乾燥が起きすぎないように、お肌を洗う時に手早く済ませる習慣をつけるなどの工夫がいります。

 

洗浄能力のないクレンジングクリームとすすぎ洗顔だけである程度肌を健康にしてから、石鹸洗顔を行うのです。石鹸を使う洗顔は、お肌の調子がいい時だけに限定をして、もしも肌の状態があまりよくないという時は石鹸なしで洗顔をするという手段も有用です。