石鹸洗顔の注意点

MENU

石鹸洗顔の注意点

洗顔時に石鹸を使うという方法が関心を集めていますが、スキンケア効果の高い石鹸洗顔をするコツはどんなものでしょう。お肌のコンディションによっては、石鹸を使わないほうがいいことがあります。つっぱり感が大きくなったり、赤みが増したり、ひりひりした感覚があったときには要注意です。

 

石鹸での洗顔で肌が突っ張ることはよくある話ですが、程度がひどくなった場合には異常が起きていると考えた方がいいかもしれません。肌のバリアー機能が著しく低下している証拠だからです。

 

赤みやかゆみ、ピリピリとした感じは肌が一定以上の刺激を受けている信号です。毎日皮膚に刺激を与えていると、肌荒れが悪化してしまうことがあります。皮膚の表層を多く角質層の部分が、石鹸のアルカリ成分によって状態を損ねてしまうこともありますので、気をつけましょう。

 

お肌のコンディションに注意を払い、おかしいと思ったら、一旦石鹸を使うのをやめましょう。しっかりと保湿をし、乳液やクリームを使って肌が乾燥することのないように心がけましょう。お肌の状態が弱いと、石鹸を使った洗顔によってダメージを受けやすいようです。

 

しっかりと肌が育ってから石鹸洗顔を行えば、トラブルが起こることはないでしょう。適切な洗顔ケアをするためには、肌の様子を見ながら石鹸での洗顔をする習慣をつけることです。